年収12、300万円という生き方


こんにちは。

えてして自己啓発の世界ではITや投資の世界の成功者は、
年収でいうと1億以上は当たり前になっている感がありますよね。

 

所謂億ションに住んで、高級車と女性ハベらす、的な。

 

ただそういう生き方って
・誰しもできるものでもない
・誰しも目指すべきものでもない

というところが重要でして。

 

例えば私の例で恐縮ですが、極端に物欲が少ないんですよね。

それなりの食事と安ワインがあれば食は満足しますし、
そもそもビンテージの輸入車をメンテナンスするのも好きで
なんとか修理しながら1台をずっと乗り継いでいます。

映画が好きでこの業界に来ていることもあり、大好きな映画や音楽があれば良い。
ご存知のように映画、音楽なんて見る分には極めて低コストです。

 

だいたい、12〜300万円もあれば十分生活には困らないわけでして。
(1億2300万円ではないことに注意!(笑))

日本で言うと所謂中流より少し上、ということになるんでしょうか。

 

これくらいがちょうどいい。

 

・極端に仕事に没頭して家族を犠牲にせずに済む
・体も大きくは壊さない
・そこそこ海外にも行ける

・精神不調に悩まされない ←意外にコレ大事!!

 

こんな感じの生き方が好きです。

なにより、お金は大好きなことをするための手段でしかないため、
大好きなことを探求することが充実感、幸福、という生き方です。

 

ただしそれは決してラクではない、とも常々感じています。

大好きな仕事、というよりいかに充実感を得るか!?というのが難しいんです。

今の日本では仕事に対してもお金に対しても、はたまた愛情についても、
閉塞感が凄いですから。

 

ある種闘い、と言いますか。

死ぬまで続けなければなりませんし、無論、続けて行くつもりです。

 

幸福というよりも充実した仕事をする。充実感を得るために頑張る。

これ以上の人生における遊びは存在しないのではないでしょうか?

 

と、まあこんな生き方に共感できたら読んでみてください。

http://www.mag2.com/m/0001254795.html

 

楽しみましょう!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です