【神経】を整えてバリバリ仕事をこなす方法


こんにちは。

24時間戦えますか?(古ッ!!)

当ブログをご覧になっているあなたは所謂【仕事人】ではないでしょうか。

特に30代、40代といったビジネスマンの方々はサラリーマンとしても
バリバリの現役世代であり、アブラのった【稼ぎ続けなければならない世代】
です。

筋力強化や有酸素運動などのいわゆる【体を健康に保つ】以外に特に
ここ最近、

・神経を健康に保つ
・ストレス・マネージメント

などの【脳の健康法】が注目されています。

それだけ、現代人はストレスにより
脳が疲れている
ということになります。

睡眠が十分に取れていないことも多分にあるでしょう。

かく云う私も、健康本を読みまくる健康オタクではないのですが、
この脳に関する健康本で最近読んだ本で2冊ほど
いわゆる【ホームラン本】がありましたので
ご紹介してみたいと思います。

 

まず一冊目。

「神経をクリーニングする」と聞くと、
最近流行りの自律神経を整える系の話なのかな?
と思いきやそうではなく、
【体全体の末梢神経を鍛える】という内容になっています。

抹消神経はいわば全身の血流を促進するための導線の役割を担っていて
この導線を強くし、全身の血流をスムースにすることであらゆる病気の
予防が可能になるのだそうです。

この本で紹介されている神経クリーニングの方法はとても簡単で
時間もかかりません。代表的な方法として
・顔をつまむ
・「あご引き」、「胸出し」による正しい姿勢をとる

この方法だけです。
自律神経にも触れられてはいますが、ついでに整えれば良い
というスタンスです。

この2点を基本的な神経クリーニング方法として、応用編も
ありますが、どれも簡単すぎて今日から実践可能なものばかりです。

毎日、バスタイムやちょっとした空き時間にやれますし、
確かにこれを実践することで1週間ほどで頭痛や疲労感が軽減されてきた
ような感じがします。

ぜひ日々の空き時間に取り入れて体、心の調子が整う効果を実感してみて
ください。

 

 

つづいては、ストレスに関する本。

 

この本はかなり科学的な本です。

この手の本のなかではちょっと小難しいかもしれません。
いわゆるハウツー・スタイルの本ではなく、
ストレスが脳に与える影響を、マウスを実験台として
ストレスを与えたときに脳の各分野から分泌される
ストレス・ホルモンなどを題材に実験から科学的に検証し、
人にとっての予防のヒントにしようという構成になっています。

マウスを使った実験とはいえ、あらゆる角度から様々な実験を科学的に分析、
特に若者マウスと加齢マウスの実験では、人も歳を取るほどストレスに対する
耐性が劣化することを示唆していて、とても興味深いデータを
見ることができます。

膨大な実験結果から、人への応用が導き出されていきますので読んでいて
とても明快で、興味深い知見を得ることができます。

ストレスを多く抱えて日々疲弊している人、ストレスになんとか対処して
バリバリ仕事をこなしていきたい人にとっては、大きな武器になる本だと
思います。

ぜひ、手にとって見てください。

 

 

以上、今回は【脳】に関する健康のオススメ本をご紹介させていただきました。

ぜひ、秋の夜長にでも読んでみて、自身の
ストレス・マネージ、神経のクリーニングを強化していただければと思います。

 

それでは。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です