保険に入らずともリスク対策できる方法


つい最近まで、保険悪者説が蔓延っていましたが

で、正直なところ正しく分析すると保険ってどうなの!?

というところを少し考えてみたいと思います。

 

保険とは、リスクに備えるものです。

しかし身の回りにリスクは無数にあるので、あれにも備える
これにも備える、ということを保険商品でやっていると
大変な出費になります。

たとえば次のような保険料支出が考えられます。

・突然の死亡のために死亡保険 25万円(年間支出、以下同じ)
・失業のために所得保障保険 30万円
・入院のために医療保険 10万円
・がんのためにがん保険 6万円
・成人病のために三大疾病保険 5万円
(総合計 76万円)

これらすべてが不安で全部の保険に加入する人はいないと思いますが、
もし全部契約すると、30年間で支払う保険料は
76 × 30 = 2280万円を超えてしまいます。

これらのリスクは、どれも発生するリスクはありますがすべてが発生するとは限りません。

しかし・・

すべてのリスクに保険商品で備える必要なんてあるのでしょうか??

そこまで悲観的に考えると、保険料は大変なムダな出費になります。

 

リスク対策には、保険商品以外に備える手立てがあります。

実は、どんなリスクにも対応可能な万能な対策です。

それは・・お金です。

 

手持ちのお金でリスク対策することを【自家保険】と言いますが
上で挙げた5つのリスクのうち、最悪どれか2つが起きたとして
現金を500万円持っていれば、なんとかなると思います。

しかも、何も起きなければ現金はすべて自分の手元に残り、
好きなように使えます。

保険のように「掛け捨て」る必要がありません。

 

実は、保険は最低限

・子供が生まれたときの世帯主の定期保険
・自動車保険
・自宅の火災保険

以外は、ほとんど必要がないと思っています。

 

では、
「どうやって自家保険を作るの!?」

これについては、このブログにて紹介していますし
今後も触れていきますが、基本

・稼ぐ(所得)
・増やす(投資)→保険としてはこっちが主になります

の両輪です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です