‘不安’は最強のエンジンになる


うつやパニック障害など、精神的な疾患の苦しみは
私もそれなりに知っているつもりです。

個人的なことなのであまり話しませんが、本人にとって
苦しく、人生が痛みに満ちたものであることは重々承知です。

しかし、
・ある程度の不安
は絶対に必要、というか良い方向に人生を運んでくれることが多いです。

危機感、と言い換えても良いかもしれません。

例えば
・安定した収入がなく明日どうなるか分からない
・子どもの学業の成績が思うように上がらず将来が不安
などなど。
(え!?ある程度の不安どころじゃないって??確かに。^^;)

まず、不思議なことに人間って、不安や焦りがないと物事を熟慮しません。

つまり、悩まないのです。頭を使わなくなります。

これがいけない。

 

悩んでいる人は
・どうやったらあと50万円収入を増やせるのか?
・どうしたら子どもの成績が伸びるのか?
を真剣に考え、仮説と検証を繰り返そうとします。

本格的な悩みに入ると、自身のアンテナを伸ばし
自分の知らない情報を探し始めるのです。
(もちろん、全く何もしようとしない人も多いですが、
そういう行動力の人は本ブログでは論外とします)

人は、自分の知らない情報にぶち当たると、悩みます。答えを探し、苦しみます。

これがいい。かなりいい。

 

この状態、ある種の飢餓感をキープすることで
・常に解決法を無意識的に探そうとします。

よく
「楽に稼げる」「寝てても」に敏感に反応する人がいますが、
こういうのって一時のハウツーでしかないので、長くは続きません。

つまり、継続的に稼ぐことができません。

 

ハウツーより、ノウハウ、マインドが大事な理由がコレです。

まあイマドキ、一時の成功にあぐらをかいて自信満々になる馬鹿は
なかなかいないとは思いますが。

 
[ad#kijisita]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です