割と簡単にアクセスを集めてしまう方法


全然関係ない話ですが
昔からウィスキーには目がありません。

一口にウィスキーと言いましても
ジャパニーズ、アイリッシュ、カナディアン、アメリカン(バーボン)など
色々ありますが、中でもスコッチが好きです。

スコッチと言いましてもブレンデッドとシングルモルト(ピュアモルト)
がありますが、中でもシングルモルトが群を抜いて美味しいです。

シングルモルト、と言いましてもこれまた地域によって色々ありまして(笑)
・ハイランド
・ローランド
・スペイサイド
・アイラ
各地方、醸造所によって全く味や風味が異なります。

おそらく最も有名なブランドは
・ボウモア
・グレンフィディック
・マッカラン
などですが、私はラフロイグが好きですね。

これはアイラ地方のシングルモルトなのですが
強烈なヨードチンキの香りと、潮の味が特徴的です。

そもそもアイラのシングルモルトは上記のような特徴のある
すごく癖のある味なのですが、ラフロイグは中でも強烈な部類です。

一旦このパンチの効いた味に慣れてしまうと、マッカランやグレンでは
物足りません。(笑)

もともとマッカランやグレンフィディックなどのハイランド、スペイサイドものは
味も香りも甘くてまろやかなので、日本では比較的飲みやすくて有名です。

しかしKING OF ISLAYの雄、ラフロイグこそ
スコッチの中のスコッチ。スコッチ好きなら絶対1回は飲むべし!と思っています。中でもセレクト・カスクなら、値段も手頃で手に入れやすいでしょう。

 

 

さて、なんでこんなマニアックな話を私はしてるのでしょう!?

それは私が大のスコッチ・マニアだから、というのもありますが
この手のジャンルや専門に特化した記事は
ブロガー、アフィリエイターに役に立つからです。

 

例えばこの人のブログ。
→ RERAのウィスキーブログ

同じくウィスキーネタですが、その圧倒的なレビュー量と
絶妙な表現力でここ数ヶ月、ウィスキー系ブログの中でも
ダントツのアクセス数です。

こうなってくると、紹介している商品もクリックされやすくなりますし
ウィスキー好きにブックマークされやすくなりますよね。

 

また、意外にもこんな地味めのサイト。(運営者さん、ゴメンなさい)
→ 猫でもわかるプログラミング

知っている方は知っていると思いますが、この人は自身の書籍もヒットしています。
お医者さんでありながら趣味のプログラミングを副収入にしているわけです。

ここまでわかりやすく、解説も丁寧だと初心者さん相手に書籍も売れますし
リンクから他の専門書籍の紹介だって可能です。

 

このように、芸能ネタやニュースなどのトレンドばかり追うのでなく、
何か1つの専門に特化させて記事なりを書いていくと
アクセスが割と簡単に集まります。

だいたいのトレンドブログは、忙しい割に収益には結びついていません。

 

季節に連動させるイベントものでも良く、
年がら年中のアクセスは期待できないんだけど、それこそこれからの季節なら
・クリスマス(クリスマスにまつわるストーリー、商品レビューなど)
やら
・お正月(初詣や神社での作法などの特化型ブログ)
で年に一度の大量アクセスを狙うことだって出来てしまいます。

こういうサイトなりブログを複数作っておけば、
収益化の目処も立ちやすいですよね。

 

参考にしてみてください。

 


割と簡単にアクセスを集めてしまう方法” への2件のフィードバック

  1. ご紹介、ありがとうございます。ウイスキーブログの作者です。

    本業はSEですが、プレゼン資料からマニュアルまでドキュメント作成をする中で、専門用語がこれでもかと入りやすいコンピューター関連の文章をいかに一般の人に分かりやすく伝えればいいかと努力した結果、中高生の時は国語の成績が2だった自分も、何とかわかりやすく伝えられるものができるようになったように思えます。

    前々から自前でサイトやブログをやっていましたが、いまいちアクセス数が伸びなかったのと、ワインのレビューなどがお高くまとまっていることに「なにくそ!」と怒りを持ち、武骨なイメージのあるウイスキーにネタを集約してブログを書きました。

    評価も、一般の日本人にはわからない表現は避けて、身近な香りを書くようにしています。

    奇しくも「マッサン」ブームによって、うまく波に乗れたように思います。
    アフィリエイトの額も、十分小遣い稼ぎができています。

    今後はかなりダイレクトマーケティングなネタのブログも検討しています。

    1. RERAさん、コメント大変ありがとうございます。

      RERAさんのブログは読んでいて本当にピートが香ってくるようで(笑)
      とても興味深いですし、参考にさせていただいています。

      おかげ様でカティサークも好きになりました。
      今後とも応援させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です