セブン・イレブン・アフィリエイト


よく

「ネット・ビジネスは怪しい」

という人がいますが

 

グーグルやアマゾンは、いわば代表的なネット・ビジネスですよね。

ヤフーもそうですが

はたしてこれらの会社は【怪しい】でしょうか?

 

また、怪しい代表のように言われているアフィリエイト・ビジネス。

セブン・イレブンを見てみましょう。

アレって、ほぼアフィリエイトですよ、在庫こそありますが。

自社ブランドなどほとんどなく(最近は多くなってきましたが)

他社ブランドを売っているわけです。

 

じゃあセブン・イレブンは怪しいですか?

詐欺ですか?ということです。

 

そうじゃないでしょう。

参入障壁が低いだけに、インフォ・ビジネスに怪しい人が入りすぎたために

怪しいだけですよね。

 

結局、今は零細から大手まで

どんな会社だってネットを使ったビジネスをしています。

ネットを使ってビジネスをするには、ある程度の【仕組み化】が必要になってきます。

 

ステップ・メールなんて【仕組み】は、ネットだからこそ、なんですよ。

リアル・ビジネスをしてきた人は皆この、

【脅威の仕組み】を絶賛したんです。

 

一度組んでさえおけば、後は自動的に

何千、何万という読者さんにリーチしてくれますからね。

文字どおり、ほったらかし状態ですから。

私は最近はもっぱらエキスパ派ですが。

エキスパート・メール

 

 

今後、怪しいだとか胡散臭いだとか言って

ネットを敬遠するのは、不利以外のなにものでもないことになってしまいます。

ハードウェアを売っているパナソニックだってホンダだって

ネット・ビジネスをしているわけですからね。

 

ただ、本質はシッカリと見極め、見誤らないことです。

 

FBで1000人友達を集めたり、フォロワーを10万人にして

イェーーイ!なんて言っているのは、

まさに【ネット・ビジネスに群がる怪しい人】でしかないですから。

現実の世界が見えてない。

 

そうではなくて。

 

シッカリと儲かるための方程式を用意し、【仕組み化】のために

ネット・ビジネスを使う。

 

これでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です