秘伝のタレをお教えしましょう


情報、というものはとかく高値で売れますし、

その認知も少しずつされてきたところです。

でも、悲しいことに日本ではまだまだ、というのが現実です。

 

なぜかと言うと、簡単な話です。

ラーメン屋で考えてみてください。

渋谷の超人気店。一日1000食を売り上げます。

 

その店では、”ある秘伝のタレ”を使っているわけなんですが

この秘伝ダレ自体は、全コストの200円を占めます。

つまり、一杯800円のうち、200円を、秘伝タレが占めるわけです。

でもってその他の具材は、全部合わせても100円くらい。

つまり500円が利益。儲け、なんですね。

 

どんなタレだよっ!ってくらい、高級なわけです。

 

で、それはいいとして、では

この”秘伝のタレを作るノウハウ”はいくらでしょう!?

 

ぜひ、考えてみましょう。

 

 

タレ自体を買っても、そこから何か利益を生むことはできません。

しかし、”タレを作るノウハウ”を買うことができたら??

 

少なくとも具材以外は、このラーメンを完全に再現できるわけです。

 

そしたら、先の計算式からすごい利益を得ることができそうじゃないですか??

 

これが、情報販売の基本的な考え方です。

知識、ノウハウに投資する、という概念です。

 

この考え方はご存じ、マーケティング先進国のアメリカから来たものです。

居心地よい全国民サラリーマンの日本では受け入れがたい、

やもすると詐欺、と揶揄されることが多分にある概念なわけです。

そもそも読書量だって、欧米のビジネス・パースンに敵いませんしね。

 

ちなみにこの渋谷のタレのノウハウ。

いくらかは教えることができませんが、当然べらぼうに高額です。

 

よく、インフォ系稼ぎノウハウ塾の入塾費が30万円とか言われてますが

その比ではありません。

 

理由は簡単で、一般的な稼ぎノウハウなんかより稼げるからです。

 

結局はここなんですよね。

いかに高純度で濃度の高いノウハウ・エキスを抽出できるか。

ここが、情報販売の勝負ではないでしょうか。

 

実績とか、セールス力だけじゃ、中身がバレたら終わりですからね。

 

さて

ここまでの話を聞くと、

  • 知識に対する敬意、畏怖

の念が少しは芽生えてきませんか?

 

知識・ノウハウは時として神より偉大だったりするのです。

あてにならない神様なんかより余程人生を救ってくれたりもするのです。

 

あと、念のためですが、私の言っている情報販売、というのは

何もインフォ系の稼ぎ情報だけを指しているわけではありません。

 

自己啓発の書籍、ビジネス・スキル、ダイエット。

全て、”情報”の”販売”ですからね。

 

しつこいですが悩みも困難も、

すべて”情報が不足していること”によって起こります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です